いつまでもあると思うな音楽業界。かな?

何が哀しいかというと

本気で音楽の世界に

挑む人が少なくなったこと。


たまに若い人に

『もし、メジャーから話があったらどうする?

と聞いてみると

『食べれる仕事じゃないし、趣味のネット配信で充分』

という答えを多く聴きます。


もっと哀しいのは、そう言わせる

音楽屋に夢を見れない背景。


実際

音源などはYouTube等で無料配信し

ライブやイベントの動員で

回収して行く形が殆ど。

タイアップを取らなければ

曲が売れないシステム。


売れるだけが全てでない

という意見もあると思いますが

現実的に収入が無ければ

それは職業でなくなってしまうかと。

確かにネットの急激な普及で

仕方ない部分はありますが

何かを変えていかなければ

『音楽屋』という職人が

このままでは途切れてしまいますね…

好きだからやれる世界ですが

好きだけじゃ食えないですね。


スポーツの世界や、他の世界も

子供達に憧れられるよう

夢みれる職業になるよう

頑張られてると思います。

「夢」にすら見られないのは

一番哀しい事だと思うのです。

路上の軌跡

フォークシンガー KTAKEのHP 【KTAKE(タケ)】 路上ライヴを中心とし 東京・神戸を拠点に 最長952週連続で様々な街で 歌い続けたフォークシンガー。 1993年 デビュー。 1998年 レコーディング事故により活動 休止。 2011年 LIVE活動再開。 2013年 CD『もしもしタケです』リリース。 2018年現在も国内外で ライブ活動を続けている。

0コメント

  • 1000 / 1000