「ピエロが泣いた夜に」


ピエロが泣いた夜に
作詞・曲 KTAKE


灯りを消した部屋の片隅で 

涙にくれたピエロがひとり

「泣いてる僕も滑稽でしょう?」って 

背中震わせ 夜に縋るように


ただ、切なくて 

ただ、ただ寂しくて 
貰泣きこらえ笑い返すだけ
僕が泣いたら君はそう、そうだよ 
ピエロのままで居られないから

ブランコのあの娘に恋をしたんだ 
でもあの娘は微笑みながら
道化師の歌を歌い出したんだ 
何も知らぬよなあどけない横顔のまま

身の程知らずのピエロの恋なんて 
見世物にさえなりはしないのさ
笑いと夢をあなたのもとへ 
そんなピエロがそっと泣いた夜に

そんなピエロがそっと泣いた夜に 

路上の軌跡

フォークシンガー KTAKEのHP 【KTAKE(タケ)】 路上ライヴを中心とし 東京・神戸を拠点に 最長952週連続で様々な街で 歌い続けたフォークシンガー。 1993年 デビュー。 1998年 レコーディング事故により活動 休止。 2011年 LIVE活動再開。 2013年 CD『もしもしタケです』リリース。 2018年現在も国内外で ライブ活動を続けている。

0コメント

  • 1000 / 1000