Blog

そもそも表現者なんぞ
夢見ても成功者は僅かだと
否定されて始まること!

妬み嫉む暇があったら
自分の足らん部分見直して
泣きながらでも直せ!

自分で始めたことくらい
突き通してナンボ!
人前に出るとは
そういうことだと思います。

やることやらんで
世の中のせいにすんな!

と後輩に言い放つものの
自分に言い聞かせる毎日だわ。
自分の言葉で
自分の音で
自分の声で
伝えて行くのが
シンガーソングライター!

届かなかったら
何曲でも才が尽きるまで
しつこく歌い続ける
それだけのこと。

そもそも夢なんて甘い!
否定されるところから
始まったことだし

自分が好きで始めたこと
やり通してナンボ!
KTAKE@感謝

「リスクマネージメント」

「ストーカー行為に困ってます」

という記事が最近目立ちますが…


昨今

配信やSNSの発達で

自称アーティストができる時代。


そこで考えて欲しいと思うのが

「人前に出ること」と

「リスクマネージメント」です。


もちろんストーカー行為など

そういう行為をする人が

一番悪いのですが
人前に出る側も

ちょっと身勝手ではないかと思う。


人前に出る以上、プロアマ問わず

様々な人に知られるということです。

いい思いもすれば嫌な思いもあるわけです。


だからこそ

事務所に入ったり自己防衛力も必要です。

おいしい部分を総取りだけはないですよ。


個人情報保護法がありながらも

自分で個人情報ばらまいてては危ない。

警備やマネージャーをつけたり

それでいて発言するのならわかりますが。

20km走ってる間に考えてた。
絶対負けたくない相手を、、、

例えばスティーブジョブズ
例えばマイケルジャクソン
例えばイチロー
まぁこんな人達はある意味特別。

身近な所だと
同じステージに立つアーティストさん
その他もろもろには
正直な所、負けたっていいんだね。

負けたら
また頑張って挑戦すりゃいいいんだし。

絶対負けちゃいけないのは
一番の強敵にもなるんだけど
 『自分自身の弱い時の心』
これだけには負けたくないね。

自分次第で何とかできる
唯一の敵だからね。
『前を向いて歩こう』
作詞 KTAKE

前を向いて歩こう
何かにぶつからないように
思い出す春の日
スマホばっかの夜

前を向いて歩こう
他人のことばかり見ないで
思い出す夏の日
スマホばっかの夜

幸せは君の前に
幸せはこの世界に

前を向いて歩こう
自分が潰れないように
嘆きながら歩く
スマホばっかの夜
夏目漱石の
『吾輩は猫である』が世に出て
100年以上になりますが
子供の頃から好きなタイトルです。

『吾輩』と『猫』という
アンニュイなバランスがなんとも^^

もう一つの候補は
『猫伝』だったらしいけど
それだったら読んでなかったかも(・・;)

吾輩は猫である!いい響き!
やっぱりタイトルは大切ですね♫

ある日の夕暮れ

私は日本に遊び来ていた

NYのミュージシャンと

駅前を歩いていた。


突然の彼の質問

「日本のカラオケ文化は知ってる

だけど

日本では駅前でカラオケをしたら

報酬が貰えるのかい?」


「なんかゴメンだけど。

あれが現代日本の

ストリートミュージシャンだわ」


「え?楽器持ってないじゃないか?」


「だから、なんかゴメン」。。。

ある日の午後、路上で

お客の集まらない

その歌い手に僕は問いかけた。


あなたはその綺麗な歌声とテクニックで

何を伝えたくて歌っているのか?


歌い手は答えた

「私の歌は下手ですか?

私は音楽学校出てますけど。

聴く人のレベルが低いだけですよ」


そんなことは聞いていない

あなたに伝えたいものがなければ

その素敵な声も、ビブラートも

ただ技術を披露してるだけでしかない。

伝えたいこと、表現したことを聞かせてくれ。


綺麗な服を着て、髪型をセットして

肩から名前入りのたすきをかけて演説しても

訴えたい何かがなけりゃ政治家ではない。


それと同じ。

政治家ごっこ、歌手ごっこだわ。

家で歌うか、カラオケに行くべきです。


その歌い手は

人前で歌う根本的なことに気づいてはいない。

高校野球100回記念大会。


101回目から全部違うルールにしたら?

と思う。

分かりますよ。

球児の健康面も考慮しなきゃいけない事も。


でも、高校野球に休日があったのは

びっくりしました。


延長18回が15回になり

15回が12回タイブレーク方式

もう野球じゃない…


投手、守備側から見れば

打たれても無いのに

いきなりノーアウト1.2塁

もうそれは違う競技ですわ。


過去の先人達が積み重ねて来た

夏の甲子園大会とは別ものに。

神奈川や兵庫などは

地方大会だけで不公平感あるけど

頑張ってますやん。


まぁ

なんかあった時の責任問題の為

大人が変えた事だけど

別物のような気がします。


賛否両論でしょうね。


少なくとも

記録は別にして欲しい派です。


スポーツに限らず

なんでもかんでもゆるくする事が

これからの日本を背負う

若者の為になるとは思えませんが。

少子高齢化だからこそ

一人一人が骨太にならないと。

と思うのです。

『When not singing』
Song writing is KTAKE.

I was tired of everything,
Just watch the flowing people.
I put fire on an empty hour. 
Smoke was very bitter.

Where is the real me? 
I felt very small when I did not have a guitar.

How far has my song been delivered? 
How long has my dream been going on? 

I want you to draw in the sky you draw.

I was thinking when I did not sing. 
I entrusted myself to the flowing sound.

The real me was in the sound.
The sky I looked up is shining blue.

How far has my song been delivered? 
My dream will last forever. 

I am drawing you in the sky I draw.

こんにちは😃

『ビートルズ』

このバンド名を知らない人は

おそらく少ないでしょう。

けど

若い頃の僕は好きじゃなかった。

とあるライヴの打ち上げで

ビートルズセッションになった時

ビートルズの曲を歌えなかった僕に

『ビートルズも知らないのに

音楽やってるの?基本でしょ?』

という嫌な先輩の言葉。

もちろん

物心ついた頃から聴いてたし

get backやA Hard Day’s Night等

好きな曲もありましたわw

その言葉で僕は離れてしまった^^;

ビートルズを知らない奴は非国民

いや非ミュージシャンみたいに言われる事もw

もちろん

数年後には聴いてましたよ^^

好きなのはいいけれど

趣味嗜好の押し付けはアカンねぇ。

おかげで逆に

ビートルズ欠落期間ができたやんw

ごめんよ

ジョン、ボール、ジョージ、

リンゴ姉さん!

ちゃうわ!姉さんやったら

ハイヒールさんになるわw

ごめんよ、兄さんたちw

【MCについて~故のぶさんの言葉より】


「タケ、お前はMCで、ステージの空気を動かし過ぎる!

歌うたいが本当に伝えないけんのは「歌」じゃろが!!」

がちょ~んww


正論です師匠;;

ですが師匠も結構長いMCされてましたよね?w

などと口答えしてましたがw


半分冗談ですがw


確かに本来MCは要らないっちゃ要らないですね。

そもそもバンドさん等の次の曲までのつなぎですし…


最近は素人さんのネット配信の影響もあり

MCが長ければいいような風潮はありますが。

無駄で下手なMCは

逆にお客さんの心を離しかねないですから
不要ですね。

まぁ歳を撮ると話が長くなるものですが

気を付けたいものです。


一応

シンガー&ソングライターですので^^;